お肌のくすみの意外な原因-便秘にご用心

くすみ改善には顔のマッサージやツボ押しも効くと言われますが、

外からのアプローチには即効性があっても持続性が無く、

くすみは内側から直すしかない、ということを年齢とともに実感するようになりました。

特に大事なのが便秘の改善です。

腸年齢の老化は、顔色やお肌のつやに直結します。

さらに、血流やリンパの流れを良くすることも重要です。

どうせなら、この2つに共通する対策があればいいですよね。

そこで私が実践しているのが、「姿勢を正す」です。

え?これだけ?と思いますよね。

でも実際これだけなんです。

便秘の原因として女性に多いのが腹筋不足です。

腹筋が弱いと、内臓を支えきれずに腸を圧迫してしまい、お通じが悪くなります。

だからと言って激しい運動をしても、

かえって腸がリラックスできずに動きを低下させてしまうことがあります。

肩の力を抜いて、首を軽く引き、背中をまっすぐ、

椅子に座る時は膝をしっかり閉じる。

運動不足になりがちの現代人にとっては、これだけで結構きついものです。

筋肉を使えば体が温まり、血流とリンパの流れも改善されます。

そして代謝がよくなるので顔色にも表れてきます。

考えてみれば、10代、20代のうちはくすみに悩むことなんてありませんでした。

やはりくすみは加齢とともにやって来るのでしょうね。

くすんだ顔は気分を暗くするし、不健康で老けた印象を与えかねません。

姿勢を正すだけなら、思い出した時にいつでもできるし、

少しずつでもやり続けて習慣化できれば、顔だけでなく体の動きも、

さっそうと若々しく身軽な動きでいられるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加